脱毛サロンの勧誘体験談 マルチ

「友だちだから格安にしてあげる!」の言葉に騙されないで!

就職したての頃、突然同期入社の人から電話がありました。

 

そんなに仲良くはないけど、全く付き合いがないわけでもない微妙なところでしたが、「話が合いそうだと思って」という言葉に、これから友達になれるかも、と思い一度会うことにしました。

 

ところが会うやいなや連れていかれたのは駅に近いところにある脱毛サロン。

 

そして奥から白衣に身を包んだエステティシャンが出てきました。

 

同期入社の彼女はなぜかどこからともなく、いそいそとお茶を運んできて、エステティシャンの隣に。
そこからはひたすらエステティシャンの独断場でした。

 

口コミでやっているサロンなのでメジャーでないけど、その分お得で料金が安いとか、選ばれた人しか誘わないとか、今脱毛しておかないと年をとってからだと遅いとかを滔々と話し続け、その横で同期入社の彼女がひたすらうなづいていました。

 

ただ聞いているだけで興味を示さない私に対し、イライラしたのかチャンスの神様は前髪しかないのだからこのチャンスを逃すなんてバカだとかと口調が荒くなってきました。

 

ゆっくり話をしようとして来ているのだから、時間があることは知られているのがつらいところで、なかなか解放してもらえないことに腹が立ちましたが、お金がないとか時間がないとかいうありきたりの逃げしか言えず、相手の巧みな返しに根負けして一番安いコースに加入してしまいました。

 

口コミでやっていると言っていましたが技術は最低。

 

後々他店を経験してわかりましたが、タオルなども糸が出ていたり、他店では使い捨てのものを当たり前のように使いまわしていたりしているうえ、料金も対して安くありませんでした。

 

既定のコース終了後、

 

「もう一つ上のコースなら納得できる仕上がりになると思います。」

 

とまたまた勧誘されました。

 

最初の勧誘では一番安いコースでも十分きれいになりますよ、と言っていたはずなのですが。

 

頭にきて今度はきついくらいはっきりお断りしました。

 

勧誘してきた同期入社の彼女は「新規客を勧誘したらあなたの料金を安くする」と言われて、誰かれ構わず電話をしていたことを後で知りました。

 

もちろん、友達にはなっていません。
技術に自信があったらこんな勧誘とかニセ口コミは使わないですよね。

 

自信がないから無理やり勧誘するんです。

 

「友だち」を利用して顧客を獲得するのは悪徳です

まるでマルチ商法のようなサロンですね。

 

マルチ商法で、同じような目に遭った人はかなり多いのではないでしょうか。それの脱毛サロンバージョンですね。

 

「友だち」に対してはきつく言えない。
「友だち」のお願いだから聞いてあげたい。

 

そんな優しい心理を利用してお金稼ぎをしようだなんて、本当にとんでもない話です。

 

もし、久しぶりに連絡を取った友だちがこのような話をしてきたら「あ、私金づるなんだ」と判断して、早々に撤退しましょう。